誰が為に腹は鳴る
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.
雨の日も風の日も苦しい時も悲しい時も、美味い物を食べれば何もかも吹っ飛んでしまう、そんな自分の飲食記録
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松下 (恵比寿) 
 2005/10/31 Mon 13:11:30
味 :A
価格:B
量 :B
店 :A
総合:A-

この空間はなかなか味わえません!
BGMは無く、必要最低限の明かりの中で過ごす落ち着いた時間。
中央のカウンターを囲み、周囲には店員さんの目が届くだけの席数。
そのシンプルさとは対照的に、カウンターの側の炭火、そしてそこから立ち上る煙がなんともノスタルジック。

メニューはありません。
どんな酒が飲みたいか伝えると、何本かボトルが出てきて選べます。
ビール・日本酒・ウイスキーやカクテルまで幅広くありますが、種類はそれほど置いてない様です。
自分と仲間とで飲んだのは、麦焼酎「365」・焼き芋焼酎「鬼火」、なかなか出回っていない米焼酎(名前忘れた)、ハイランド系シングルモルト(やっぱり忘れた)などを飲みました。
どれも美味しい~。
氷はカウンターで砕いて出してくれて、これがまたウマイ。
お通しは炭火で炙った空豆。
そんなに好みではなかったのですが、これは空豆独特のクセが無くて美味しい!
他につまみもいろいろと取り揃えているようですが、お薦めは干物の炙り。
小あじや塩昆布など多数の干物を炭火で炙り、つまみ易いように細かくカットして提供してくれます。
中でも板ウニ(ウニと白身魚をペーストして板状にしたもの)が旨かった~。

酒を2杯につまみをとって、一人4000円程度。
あの雰囲気にこの値段なら満足。
大切な人と都会で落ち着いて酒を飲むには素晴らしい環境ですね~。
店は少々わかりづらいのですが、こんな看板(表札?)が目印です。
松下



ちなみに、恵比寿に同じ系列の
松虎があります。
こちらもオススメ。

東京都渋谷区恵比寿南2-3-15
吉野ビル2F
19:00~28:00 日祝休 03-3711-6900
スポンサーサイト

テーマ:グルメ情報!! - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kankankan.blog16.fc2.com/tb.php/56-da75e866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 誰が為に腹は鳴る all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。