誰が為に腹は鳴る
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
雨の日も風の日も苦しい時も悲しい時も、美味い物を食べれば何もかも吹っ飛んでしまう、そんな自分の飲食記録
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もち月 (下高井戸) 
 2005/07/30 Sat 16:17:40
味 :A
価格:A
量 :B
店 :B
総合:A-

下高井戸駅北側の駅前市場内にぽつんとあります。
目の前が肉屋だし、ちょっと不思議な感じ。
カウンターに椅子が4つばかりのホントに小さな店。
3畳あるかないかの店舗で、客席と厨房が同じ位の広さです。
ちょっと窮屈そうに仕事しているのが、まだお若い店長さん。
この方、いつもシドロモドロな感じで、何故か応援したくなっちゃいます。
メニューを見ると、土日限定「挽きぐるみ十割蕎麦"常陸秋蕎麦"(800円)」が。
一日17食ですって。これは食べねば。
ここは量が少ないので、追加そば(300円)を頼みます。
追加の蕎麦は通常の蕎麦。太打ちと細打ちあり。
すぐにツユと薬味が出てきて、擂ったばかりのワサビの匂いが食欲をそそります。
一食づつ几帳面に麺の重さを量り、これまた丁寧に調理していきます。
もち月
とりあえず、麺のみを味わいます。
ここの蕎麦つゆは薄めで量も少なく、つゆ追加で50円かかってしまいますが、麺だけでも美味しいのです。
蕎麦を食べてる~~~ッって感じ!
ワサビと食べると味がますます引き立ちます。
もち月2
こちらは通常の蕎麦です。
限定蕎麦と比べると、限定のほうが少々甘みが感じられるかも(繊細な味を解析できる舌を持ち合わせていないのでなんとも・・・)。
そして、蕎麦だけで満足してはいけません。
画面下に写っているのが、絶品の蕎麦湯です。
ここの蕎麦湯を初めて飲んだ時は感動しました!
トロトロ~の蕎麦湯を飲み、至福の時間を満喫していると、ぞくぞくとお客が入ってきてあっというまに満席に(といっても4人ですけど)。
やっぱりネットなどで噂が広まっているのでしょうか。
夜の常連の方なのか、「そばがきある?」「この時間はないんですよ」なんていうやり取りも。
むぅ、夜はまた別メニューなのか?これはまた来ないと!
ともかく今後も頑張って欲しいお店です。

杉並区下高井戸1-1-2下高井戸市場内 
11:30-23:30 火休 03-3327-8409
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kankankan.blog16.fc2.com/tb.php/14-67fc37d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 誰が為に腹は鳴る all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。