誰が為に腹は鳴る
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
雨の日も風の日も苦しい時も悲しい時も、美味い物を食べれば何もかも吹っ飛んでしまう、そんな自分の飲食記録
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もち月 (下高井戸) 
 2005/07/30 Sat 16:17:40
味 :A
価格:A
量 :B
店 :B
総合:A-

下高井戸駅北側の駅前市場内にぽつんとあります。
目の前が肉屋だし、ちょっと不思議な感じ。
カウンターに椅子が4つばかりのホントに小さな店。
3畳あるかないかの店舗で、客席と厨房が同じ位の広さです。
ちょっと窮屈そうに仕事しているのが、まだお若い店長さん。
この方、いつもシドロモドロな感じで、何故か応援したくなっちゃいます。
メニューを見ると、土日限定「挽きぐるみ十割蕎麦"常陸秋蕎麦"(800円)」が。
一日17食ですって。これは食べねば。
ここは量が少ないので、追加そば(300円)を頼みます。
追加の蕎麦は通常の蕎麦。太打ちと細打ちあり。
すぐにツユと薬味が出てきて、擂ったばかりのワサビの匂いが食欲をそそります。
一食づつ几帳面に麺の重さを量り、これまた丁寧に調理していきます。
もち月
とりあえず、麺のみを味わいます。
ここの蕎麦つゆは薄めで量も少なく、つゆ追加で50円かかってしまいますが、麺だけでも美味しいのです。
蕎麦を食べてる~~~ッって感じ!
ワサビと食べると味がますます引き立ちます。
もち月2
こちらは通常の蕎麦です。
限定蕎麦と比べると、限定のほうが少々甘みが感じられるかも(繊細な味を解析できる舌を持ち合わせていないのでなんとも・・・)。
そして、蕎麦だけで満足してはいけません。
画面下に写っているのが、絶品の蕎麦湯です。
ここの蕎麦湯を初めて飲んだ時は感動しました!
トロトロ~の蕎麦湯を飲み、至福の時間を満喫していると、ぞくぞくとお客が入ってきてあっというまに満席に(といっても4人ですけど)。
やっぱりネットなどで噂が広まっているのでしょうか。
夜の常連の方なのか、「そばがきある?」「この時間はないんですよ」なんていうやり取りも。
むぅ、夜はまた別メニューなのか?これはまた来ないと!
ともかく今後も頑張って欲しいお店です。

杉並区下高井戸1-1-2下高井戸市場内 
11:30-23:30 火休 03-3327-8409
スポンサーサイト
鼎泰豊 (新宿) 
 2005/07/28 Thu 00:01:45
味 :A
価格:B
量 :B
店 :B
総合:B+

小籠包が有名なお店です。
それが大好物の自分としては絶対外せない店でしたが、行列がスゴイという噂でなかなか行く気がしませんでした。
ある日高島屋で映画を観た後に立ち寄ってみると(たしか14時半頃)簡単に入れたので、ちょっと拍子抜け。
店内は小さな机が所狭しと並び、ちょっと窮屈感。
お客はカップルか女性同士。
2人でオヤツ感覚で入ったので、小龍包と蟹肉炒飯のセット(1480円)と海老入りシュウマイ(6個840円)を注文。
出てきて早速、小籠包をほおばると・・・
鼎泰豊
しっかりした皮の中にちゃんと肉汁がタップリ!!
これが幸せというやつかぁ~~~・・・。
しばらく夢見心地。
これだけでも食べにくる価値あるなぁ。
セットだと4つしかついていなかったので、すぐにお別れが。
・・・寂しい。
シュウマイもジューシーでなかなか。
炒飯は普通でした。
行列さえなければ、是非また食べたい味です。

ぐるなび - 鼎泰豊 玉川高島屋SC店
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 高島屋新宿店10F
10:00~20:00 水曜不定休
 2005/07/27 Wed 00:25:21
味 :C
価格:C
量 :B
店 :B
総合:C+

ロードサイドの大型店。
店の前の看板にどでかく「ラーメン ジャンボギョウザ」と書いてあります。
見た目からしてとても旨そうには見えないのですが、上司に「ここのギョウザはなかなかだ」と言われ入ってみました。
席数は多いのですが、テーブル・カウンター席は現場の兄ちゃんなどでほとんど満席。
他に用意してある多数の座敷席はガラガラ。
大人数用に取ってあるみたい。
早速、味噌タンタンメン(735円)とギョウザ4個(399円)を注文。
ギョウザは2個(200円)も選べましたが、腹も減っていたので大きく出てみました。
ん?良く考えてみると、昼に1100円以上も使ってしまっている・・・しかも味は期待できない・・・空腹は思考を弱めますな。
厨房には8人ものスタッフが。
人海戦術の為か、提供時間も早い早い。
タンタンメンは麺とスープは論外。
載っていた挽肉でなんとか誤魔化しました。
ギョウザは、ジャンボというだけあってなかなかの大きさ。
東京亭
ちなみに自分は、ギョウザはほとんど酢のみで食べます。
皮は厚めで食べ応えあり。
具は挽肉がメイン。
ニンニクも入ってボリューム満点な感じ。
やっぱ、現場・トラックの兄ちゃん向きですな。
周りの兄ちゃんたちを見渡すと、ギョウザに定食を食べてます。
定食にも色々種類があり、そちらはなかなか美味しそう。
中華定食メインのお店なんですかね。
ま、場所柄二度と来ないと思います・・・。

東京都昭島市中神町2-20-8
24時間年中無休
 2005/07/26 Tue 00:00:30
味 :B
価格:B
量 :C
店 :B
総合:B-

初めて「品達」に行ってきました。
立地は駅から1分の高架下。
家賃の割が良さそうな感じ。ここ選んだ人、頭いいなぁ。
7店入ってますが、自由が丘の「大大」好きな自分は同じ店主である、この店をチョイス。
11:30でしたが、客は自分のみ。
隣の「なんつッ亭」は既に10人ほど行列してたなぁ。
店内は小奇麗な感じで、女性を意識してる感じ。
ラーメンはあっさり・こってりが選べますが、二日酔いの為、あっさり(700円)+味付け卵(110円)の食券を購入。
店内に入って能書きを読むと、なんと「ソースラーメン」だそうな。
ぺヤング?とかチープな想像しかできませんが、出てきたラーメン、なんだかスープがトロトロです。
雲
麺は平打ち麺。スープに絡んで合うのでしょうが、個人的にあまり好きな麺ではありません。
チャーシューは角切り。香ばしくてこれは旨い。
スープは見た目と違い、なんだかフレンチな感じ。
そしてちょっぴりソースの味が。
「天下一品」のお上品版とでも言いましょうか・・・ただ、あまりインパクトはありません。
おかわり麺(味噌付)で2度楽しんでもらう狙いがあるのか、量も少ないので満足度には欠けます。
新しい味だし、「冷やし麺」みたいのもあったので、色々とチャレンジしていこうという意欲は感じ取れました。

麺達七人衆-品達 環七・野沢 せたが屋 雲
東京都港区高輪3-26-20 「品達」内
11:00~22:00 無休
 2005/07/25 Mon 23:57:39
味 :A
価格:B
量 :B
店 :B
総合:B+

会社の上司が、先日のパチンコで買ったので昼飯をなんでもおごってやる、との事。
アブクゼニ様様ッス。
近くにあった高島屋へGO。
新館が最近できたみたいで、洗練された雰囲気。
広い屋上庭園もあり、これだけでも二子玉川に住みたい~って思っちゃいました。
40ちかくもある飲食店の中から、タイトル通りの店舗をチョイス。
店名に惹かれましたもんで。
店内、なかなか高級感があります。
テーブルにはランプも置かれ、夜カップルで来てもいい感じ。
ただ、研修生っぽい方の接客には非常に気になりましたが・・・そこは我慢。
ランチメニューから一番安価なAコース(3150円)を注文。
メインでビーフと海老料理を選択できますが、迷わずビーフ。
店名になるくらいですから、ねぇ。
店内の雰囲気から和食を想像してましたが、出てきたオードブルは創作料理な感じ。
中でも、貝のコンソメゼリーかけは美味しかったです。
メインのビーフは、わざわざ目の前に肉塊運んできて、その場でカットしてくれます。
が、何も言わず切り始め、何も言わず持っていってしまったので、この店の一番のアピールであろう演出をほとんど見る事無く終わってしまいました。
ソースは醤油とコンソメベースが選択可。
珍しいのでコンソメをチョイス。
鎌倉山
肉が大きく、何とも美味しそう。
お皿左奥に乗っている、生姜バター(?)を塗りながら食べました。
肉、柔らくぁぁ~。
味付けも上品です。
個人的にはご飯と一緒に食べたかったなぁ。
そのご飯は、メインの後に「コンソメ雑炊」で出てきました。
初めて食べましたが、とても見た目が綺麗。
とにかく、料理も量も女性向けですかね。
なかなか上品な店です。

レストラン鎌倉山-玉川店-ローストビーフの店~ブライダル・ご会食のご予約~
東京都世田谷区玉川3-17-1玉川高島屋S.C新南館10F
11:00~15:00 17:00~21:30 無休 03-3709-6118
 2005/07/24 Sun 22:52:30
味 :A
価格:A
量 :A
店 :B
総合:A-

ここは、なんといっても「幻の手羽先(399円)」がメイン。
世界の山ちゃん
ピリ辛スパイシーで次から次へと手が伸びてしまう、クセなる味。
ご丁寧に手羽先の食べ方のレクチャーが図解で用意されています。
ホント、ビールに合うんだな、これが!
そのビールは409円となかなかお手頃な値段。
そしてなんと、ほとんどのメニューが350~550円程度。
夜中までやってますし、学生や給料前のサラリーマンにももって来いですね。
まぁ、店員がほとんど日本人で無いので、その辺から経費削減の努力が見受けられます。
その他これというメニューはなかったのですが、満足できました。
休日前などは並ぶのと、明る過ぎて安っぽく感じる店内(長居させないようにしているのでしょうか)さえ気にしなければ、良心的な店だと思います。

世界のやまちゃん 店舗案内
東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 トキワビル2・3・4F
17:00~28:00 無休 03-3232-1053
 2005/07/24 Sun 22:26:00
味 :A
価格:B
量 :C
店 :B
総合:B

新宿西口の立ち並ぶ電気店とゲーセンを抜けると、なんとも怪しげな店構えが。
恐々と地下に降りると、アジアンテイスト(ハイチ風?)な店内。
昼の12時過ぎだからか、ほとんど満席状態。
カップルだらけの狭い店内、コテコテの内装、そしてほとんど全員がオーダーしている「ドライカレー」セット(893円)・・・何とも異様。
当たり前ですが、待ち時間は少なめ。
出てきて、店員さんに「量は普通盛りで宜しいですか?」と聞かれた訳がわかりました。
ハイチカレー
こりゃ少ないッス。
大盛りの値段がどこにも見当たらなかったので、普通を頼んでしまったのでした。後悔。
しかしドライカレー好きとしては、見た目でヨダレが出そう。
一口スプーンで取ると・・・思ったよりルーが少ない。
すでに物足りなさUP。
味は、ひき肉たっぷりのスパイシーなお味。
思い出すとまた食べたくなりそうな味ですなぁ。
食後にセットのホットコーヒー(アイスも選べます)。
飲もうと、マグカップの取っ手をつかんだ所…

アチチチチチ!!!

とても人のつかめる温度じゃありゃーせん。
食器ごとレンジで暖めたのか?と疑いたくなるほどです。
時間も無いので、オシボリを取っ手に巻いて・・・。
カッコワル。
自分は、あまりコーヒーの味はわかりませんが、濃くて好きな味。
前の会社の女性が入れたコーヒーは薄くて不味かったなぁ・・・とか思い出しながら、あっという間に平らげました。
同時期に入ってきたカップルは、まだカレーの半分も食べてません。
やっぱこういうトコは会話を楽しみながら、ゆっくり食べなきゃなんだなぁ。

Yahoo!グルメ - カフェハイチ
東京都西新宿1-19-2 シルバービルB1F
11:00~23:30(土日~22:30)無休
 2005/07/20 Wed 00:41:58
味 :C
価格:B
量 :B
店 :B
総合:B-

ラーメン二郎のインスパイア系との事で行ってみました。
店構えは・・・看板は割れてるわ、表の垂れ幕(?)も中の壁も薄汚れ、とても美味しい料理が出てくるようには見えません。
12時前に行きましたが、満席。中のカウンターに3人ほど座って並んでいました。
麺が茹で上がるのに時間がかかる為か、先にメニューを聞かれます。
辰醤油ラーメン(700円)がメインらしい・・・ん?
「麺多め、野菜多め、油多め、味濃いめ、ニンニク入り・・・」!!?
こ、これは危険な香りが・・・食べきれないとマズイしなぁ。
一気に弱腰になり醤油らーめん(600円)を注文。
店主は一人で切り盛りしていて、数人でも待ち時間は長めです。
が、非常に親切丁寧な接客で好感が持てます。
待ち専用のカウンター席があるのですが、そこで食べれるのかと思って居座ってしまい、「席に座っていいですよー」とか言われちゃいました。
恥ずかし~。
隣の席を覗き込むと、二郎風にどっさりと山盛りの野菜の上に、なんとカツオ節が踊っています!
これは美味しそうだ!
と、醤油らーめんが到着・・・
辰屋
あれ?なんか普通じゃない?
スープを一口・・・こ、これは・・・あっさり醤油味!!?
二郎のガツンとくる味を想像していた為、しばし唖然。
他の人の注文は・・・「辰醤油」が9割。
そうか、「辰醤油」が二郎味(?)だったのか・・・。
後悔先に立たず。
気を取り直し、麺を一口。
うん、モチモチしてて旨い!
しかし、あっさりなスープに茹で野菜はちょっと水っぽい。
キャベツも芯の辺りが塊で入っている為、なおさら。
カラメにすれば良かったろうか。
用意してある唐辛子を振り掛けなんとか誤魔化すも、やっぱり物足りず。
うーん、残念!
次こそは「辰醤油ニンニク抜き」を!!

『らーめん 辰屋』
東京都世田谷区世田谷4-13-20
11:30~15:00 18:00~22:00(日祝~21:00)月休
-- 続きを読む --
かつ吉 (水道橋) 
 2005/07/18 Mon 23:52:11
味 :A
価格:B
量 :B
店 :A
総合:B+

地下の店舗。長い階段を下りると、なかなかいい雰囲気。
中に入ると、小振りの陶器が壁一面にズラリ。
老舗っぽい演出ですな。
席に案内されると、馬鹿でかいメニューがテーブルの上に立てかけてあります。
これも演出でしょうか?ちょっと見づらい・・・。
さて、とんかつ定食でも注文・・・
2000円!?高ッ!
お、ランチメニューで「てごねかつ定食(1150円)」を発見。
貧乏性ゆえ・・・しぶしぶ注文。
ご飯は白米と青ジソご飯が選択でき、青ジソを選択。
待っている間、新聞を数誌用意してくれました。
お茶も麦茶と蕎麦茶が選べ、しかも「冷たいお茶をご用意しましょうか?」とご丁寧に対応してくれます。
なるほど、サービスの質も値段に込みなのだな。
丁寧に料理しているのか、結構待たされました。
途中サラダが用意されたので、場つなぎに食べて、という事でしょうか。
ようやく出てきた「てごねかつ」
かつ吉
ちょっと小さくない?
その代わり、ご飯・味噌汁(赤だし)はお替り自由。
漬物もどっさりと食べ放題状態。
カツは衣が薄く、油っこくなくて食べやすい。
肉はこれもまた脂が少ないロース部分を荒挽きしてある様です。
油が苦手な自分にはピッタリ。
ただちょっと肉の歯ごたえがあり過ぎるような。火が通り過ぎ?
青ジソご飯、赤だしはなかなかのお味です。
カツの量はやはり少ない・・・女性には丁度いいかも。
ランチメニューなのでなんとも言えませんが。
しかしこの辺りでは数少ない、ゆったりと出来る雰囲気のお店かもしれません。
デートには最適かも。

ぐるなび - かつ吉 水道橋店
東京都文京区本郷1-4-1 全水道会館ビルB1
11:30~22:30(L.O.22:00) 無休 03-3812-6268
中野屋 (越後湯沢) 
 2005/07/18 Mon 20:53:15
味 :B
価格:A
量 :A
店 :A
総合:A-

先輩と湯沢に遊びに行き、旨い蕎麦屋があるという事でさっそく夕飯へ。
シーズン中は並んでなかなか入れないらしいのですが、今は夏。
すんなり入り、まずビールとつまみを注文。
天婦羅盛り合わせ(780円)・舞茸の天婦羅(730円)・カニミソ豆腐(320円)どれも美味しい。特に、カニミソ豆腐は豆腐の中にカニミソが混ざっていて、ちゃんと(?)緑色してます。
また、天婦羅はてんつゆよりも、塩で食べたほうがお勧めです。
以前、先輩が家族連れで来た際に、子供が喉に食べ物を詰まらせてしまった様で、そのお詫びに今回浅漬けの盛り合わせをサービスしてくれました。気がきくぅ~。
お酒も回ってきた頃に、メインのへぎそば4人分(2730円)を注文。
常連じゃないと知らないという、「半分うどん」という裏技を使いました。
中野屋 湯沢

大迫力!
しかし、八海山を飲みながら食べる蕎麦の味ッたら、もう、堪りませんな。
個人的には、蕎麦は田舎蕎麦が好きなので、味にはインパクトありませんでした(繊細な味はわかりませんので・・・)。
ただ、蕎麦を食べた!という満足感がありました。ザルの迫力に騙されてるだけかも?

そば処 中野屋
新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2-6-3 TEL:025-784-3720
11:00~20:00 月1回木休(要確認)
先日より 
 2005/07/16 Sat 21:18:02
ブログ、はじめました。
いままで食べてきた物、これから食べていく物、何らかの形で記録していきたかったのです。
将来、自分の辞書になればいいなぁ。なんて。
じゃ、いただきます。
 2005/07/16 Sat 20:50:56
味 :B
価格:C
量 :B
店 :B
総合:B-
なんだか噂みたいですよ。佐世保バーガー。
佐世保がハンバーガー伝来の地なんですって。
そんなわけで、当時の味を再現したというシロモノを食べてきました。
お店の雰囲気はなんだかちょっとしたバーみたいです。
でかいテレビがありソファーがありで、ちょっと不思議な空間。
問題の佐世保バーガー(682円)は・・・
佐世保バーガー

なかなかのデカさ。
女性では一口でガブリとはいかなそう。
思い切ってかぶりつくと、マヨネーズソースと卵の味が口の中に広がります。
パンも柔らか!
ベーコンは丁度いい厚さと味です。
と思ったらあっという間に食べきっちゃいました。
セットドリンク(210円)とクーポンのサービスで付いてきたポテトを食べてちょっとお腹が落ち着いた感じ。
値段の割には、ちょっと物足りないかも・・・。
しかも、わざわざ1時間かけて中野やってきたのに。
くやしいので、テレビでやってたカウントダウン番組の100位~1位を見尽くして帰りました。

ハンバーガーの元祖を食べた、っていう話題にはできるかも。

ZATS・BURGER・CAFE中野ツタヤ横店 - iタウンページ
東京都中野区中野3丁目35-6
12:00~22:00 第1月休
 2005/07/15 Fri 02:57:32
味 :A
価格:A
量 :A
店 :B
総合:A-

店に着いたのがAM11:50。
既に10人近くの行列が。
うーん、いい匂いが・・・早く食べたい。
ラーメン(600円)の食券を買うと、先に麺の量を聞かれました。
前の人が「固め」と言っていたのを聞き、早速真似をしちゃいました。
二郎は店ごとにルールがあるから、常に周りの言動に注意しております。
そこで、食べてる人のラーメンを見回してみると・・・

な、なんですか、あの量は・・・!?

アレが普通盛り?他の店より山盛りの様な気が・・・
しかも、野菜増しだとカキ氷みたいになっちゃってますけど。
食べきれるかちょっと心配。
で、席に着けたのが30分後。席数が8席位しかないからなぁ。
店員を見ているとテキパキと仕事しており、数人連れのお客に対して、なるべく隣に座れるようにキチンと誘導しております。好印象。
少しして、「にんにく入れます?」と恒例のやりとり。
二郎では「にんにくの有無、油・カラメ(タレ)・野菜の増し」が選択できるのです。
食べきれる自信が無かったので「そのままで(何も追加無し)」と注文。
それでも山盛りで出てきちゃったのでした。
どこから食べるか迷いながら、一口。

う、旨ぁぁぁ!

待った甲斐があったなぁ。
味は他の店よりバランスが取れている様に感じます。
スープは膜を張る位かなり油が浮いてますが、油が苦手な私でもあまり気にせずに食べれました。
あまりの量に途中で飽きてきたので、唐辛子を掛けながら。
唐辛子は生郎や陸の方が美味しかった気がします。
しかし、皆よくこの量を食べれるなぁ・・・
と、並んでいる人から「麺少なめ」との声が。
なにぃぃぃ!そんな注文ができるのか・・・
良く聞いていると、並んでいる3分の1くらいの人が「少なめ」を頼んでいます。
悔しいので、ちょっと残しちゃいました。テヘ。
でも、味・量ともに大満足でした。

ラーメン二郎神田神保町店
東京都千代田区神田神保町2-4-11
11:00~15:00 18:00~21:00 日祝休
 2005/07/01 Fri 03:10:38
味 :A
価格:B
量 :A
店 :A
総合:A-

仕事中、早稲田にあるラーメン屋行って来ました。
がんこラーメンの総本家でございます。
かなりしょっぱいが、しっかりした味で好き。
総本家は突然店を移転する事で有名みたいですが、早稲田の店に行くのは初めて。
住所通り、都電荒川線の駅前の交番の横。
真っ黒な壁。
そして壁には牛の頭の骨。
目が青くて怖いんですけど。
扉には・・・

ノブがねえぇ!

休業?とか思いつつ裏に回ると・・・なにやら入り口らしき扉が。
表の扉はトラップなのかっ?
扉の前には牛の骨がぶら下がっています。
これはがんこラーメンおなじみの「営業中」マークであります。
ノブを回すとスゲエ勢いで扉が開きました。
半自動ドア!?(気圧でしょ)
「いらっしゃい、いらっしゃい」
気のいい髭のおっちゃん、この人物こそががんこラーメンの家元。
しかし、関羽様なみに髭が長いです。
あれで習字が出来るな、とか想像している間に続々と学生たちが入ってきます。
早大御用達なのでしょう。
店の壁には家元の若い頃の写真が・・・しかもコメント付。
「31才?ころ」
超マッチョなんですけど。
この人何者ですか?
ラーメン(700円)を注文。
他の人は「鳥つけめん(700円)」の注文が多かったです。次回はそれで。
昔の記憶では、とんでもなくしょっぱいイメージがあったのですが、覚悟してたよりマイルドでした。
やっぱりこの味は病みつきになるなぁ。
皆無心でラーメン食べている間、家元が突然
「ここの店は持ち込みオッケイだから。おにぎりでもなんでも持ってきて。うち、電子レンジあるから。しかし、電子レンジって温めるのには便利な機械だよね。俺はレンジで調理はしないけどさ。冷めた料理がそのまま温まるんだからね・・・」
などと独りでに話し始めます。
ふと家元の横の壁を見ると、「話しながら楽しく食べよう」みたいなコメントの張り紙が。
話してるの家元だけじゃ・・・?
やはり只者ではないっす。
そんなこんなでスープも飲み干し、満腹満足。
ちなみに、特別な日には「スペシャル」なラーメンが。しかも値段は1000円以上。
食材がすごいらしいです。

とにかく、いろんな意味でお勧め。

元祖一条流がんこ総本家
東京都新宿区西早稲田1-23-7
平日12:00~20:00(土~16:00)日休


copyright © 誰が為に腹は鳴る all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。